御用聞きが今と昔でどのように存在しているかを紹介します。

御用聞きの今昔

御用聞きという言葉を聞いたことがある人はいるでしょうか。現代では御用聞きという言葉があまり利用されず、訪問販売や、注文などのような言葉で表現されるようになっています。御用聞きとは、特定のお客の元に行き、商品の注文をしてもらう人のことを意味します。この意味をしると、自分は御用聞きのお世話になっていると気付く人もいるかもしれません。時代が変ることによって、それまであった言葉が違う言葉になってしまうことはよくあります。御用聞きもそのうちの1つと言えるでしょう。そのため現代で聞くことはほとんどなくなってしまいました。言葉がなくなってしまったのと同時に、御用聞きの役割は細分化していき、その定義も曖昧なものになってしまっている点もあります。

しかし、現代でも昔の御用聞きの役割のようなことをしているお店はあり、主に地域と関係の深いお店であったり、歴史のあるお店であることが多いです。時代と共に消えてしまいそうな御用聞きですが、まだまだ多くの人にとって必要とされている存在ということが言えるでしょう。そんな御用聞きについて紹介をしていきます。わざわざ外に買い物に行かなくても買い物ができるので、使いこなせば便利なものでしょう。

御用聞きの今昔

これが御用聞きの王道です

御用聞きが何をしてくれるのかを紹介します。

現代流・御用聞きの姿

現代の御用聞きについて紹介をしていきます。

Category

  • これが御用聞きの王道です
    • 御用聞きとは、自宅に来てくれる店舗の代表者
    • 御用聞きが活躍した事情
    • 御用聞きがやってくれたこと
    • 実在する「三河屋さん」、御用聞きの代名詞
    • 一戸建てにおける玄関・勝手口の存在
    • 御用聞きを見なくなった背景には
    • 見直される御用聞きスタイルの訪問販売
  • 現代流・御用聞きの姿
    • コンビニがはじめる、自宅宅配御用聞きサービス
    • 高齢者サービスとしての、よろず引き受け御用聞き
    • 買い物代行サービス、移動店舗販売
    • 営業マンのお手本としての御用聞きスタイル
    • 住まいの便利屋さんとしての御用聞き
    • 「こんなものが欲しい」を満たしてくれるサービス
    • 現代的集合住宅における御用聞きの意義